NO IMAGE

サステナビリティ経営 地球環境を持続させるために経営資源の使い方を変える

サステナビリティ経営(Sustainability Management) 地球の持続可能性を損なわない形で企業活動を実践することを経営戦略に盛り込み、実践するマネジメントのこと。 学術的、戦略的な取り組みが広がる サステナビリティとは、「持続可能性」。地球が持続し続け、社会が持続し続ける可能性のことだ。地球や社会が持続し続ける能力とも言える。サステナビリティ経営とは、地球や社会のこうした能力を損なわないように企業活動を推進しながら、収益を上げていく為の経営方針だ。 サステナビリティについては、北欧を中心に学際的な研究が進んでおり、地球物理学や熱力学、経済学や心理学と言ったあらゆる...

記事を読む

NO IMAGE

ダイバーシティ経営 多様な人材を登用し、多彩な才能を生かす

ダイバーシティ経営(Diversity Management) 多様な人材を活用し、職場をその能力を最大限発揮できる環境にすることで、イノベーションや価値創造を目指す経営方針のこと。 成長戦略の一環としてアベノミクスでも推奨 ダイバーシティとは「多様性」のこと。十分豊かになった日本では、企業に新しい価値の提供が求められている。同時に、世界規模の競争にさらされており、優位性を保ちながらイノベーションを実現し成長を続けていくことはますます難しくなっている。上場企業の場合、世界の投資家の目から見て魅力的な投資先であり続けることが必要だ。 そこで、多様な人材の多様な知恵と能力を最大限経営に...

記事を読む

NO IMAGE

アメーバ経営 数人単位の「アメーバ」に分けて考える現場を作る

アメーバ経営(Ameba Management) 「アメーバ」と呼ばれる10人前小集団に組織を分割し、それぞれに業績を問う経営手法。京セラを創業した稲盛和夫が創始した。 10人前後の「アメーバ」がそれぞれ考え、動く 事業部制やカンパニー制は、部門ごとの経営意識を高め、事業の当事者として、より積極的に業務改善や営業活動に関わる姿勢を引き出す為にとられる社内組織調整法だったと言える。この経営意識をさらに高め、全員参加経営を実現する経営手法が、京セラの創業者である稲盛和夫氏が創始したアメーバ経営だ。京セラのほか、経営破綻に陥った日本航空も導入して再上場を果たした。同社の会長に稲盛氏が就任したこ...

記事を読む

NO IMAGE

カンパニー制 事業分野ごとに経営資源を完結させて独立性を高める

カンパニー制(Company System) 事業分野ごとの組織(カンパニー)に高い独立性を与える社内統制制度。各カンパニーは採算性を確保し、市場淘汰に耐えることが求められる。 部門ごとの裁量を高めてフットワークを上げる 企業は市場の変化に柔軟に対応しながら、組織全体としてノウハウや収益力を高め、成長していく必要がある。迅速に意思決定を下せることや無駄をなくし採算性を高める強い意識、常に成長し続けようというマインドを現場に根付かせていくことは、組織が大きくなるほど、経営陣にとって重要な課題となる。 そこで、事業分野ごとに採算に責任を持つ形をとることで、全体として競争力をあげようとい...

記事を読む

NO IMAGE

レバレッジド・バイアウト 買収先の企業の資産や収益力を担保にして買収資金を調達

レバレッジドバイアウト(Leveraged Buyout) 企業買収(M&A)の手法。買収先の企業が有する資産や収益力(将来のキャッシュフロー)を担保に融資を受け、その資金で企業を買収する。 企業買収というシェア拡大戦略 企業が市場シェアを高め、競争に勝つための一番シンプルな答えは、巨大化して資本を拡大すること。そうすれば、同業他社も必要とする原料の調達先から、原料を根こそぎ買い入れることもできるし、部品調達を行う企業の取引を独占して川上事業の統合も可能になる。あるいは、販売経路などの川下事業統合も、顧客の選択肢を減らし、ライバルの駆逐に効果的だ。 この時、対象事業を担う企...

記事を読む

NO IMAGE

地域ブランド戦略 県や市町村のイメージアップで地元産業を活性化

地域ブランド戦略(Local Branding Strategy) 他地域にはない商品やサービスのブランドをPRして、認知度を高め、産業を活性化していく地方自治体の戦略。 地域全体で勝利を目指す地方振興の取り組み 関さばや宇治茶などの伝統的な名産品の情報や、「北海道は魚介類がうまい」と言ったおとずれた人のイメージが蓄積されて、日本の各地には共通して抱かれる独特の印象がある。京都は「歴史を感じられる古都」の印象があり、多くの観光客を呼んでいる。 このように良いイメージで地方が注目されれば、そこで生産される農作物や工業製品が多く買われたりして、人口減や高齢化で悩む地方自治体を活性化し、...

記事を読む

NO IMAGE

顧客ロックイン戦略 あの手この手で顧客の乗り換えを防ぐ

顧客ロックイン戦略(Lock-In Strategy) 顧客との関係を強化して囲い込み(ロックイン)して、商品・サービスの継続的な利用を引き出す戦略。 「継続利用の方が得」という状況を作る 顧客から継続購入を引き出すために、企業は様々な方法で、乗り換えを防ぐ。これが顧客ロックイン戦略。その手法には7つある。 ①インティマシー・ロックインとは、親密さ(インティマシー)を利用して継続利用を引き出す方法。 ②メンバーシップ・ロックインは、会員だけの特典やポイント制度を用意して、継続利用を促す方法。 ③コンビニエンス・ロックインは、利便性に慣れさせ、乗り換えたい気持ちを起こさせ...

記事を読む

NO IMAGE

ブルーオーシャン戦略 誰も考えつかなかった未知の市場を創造する

ブルーオーシャン戦略(Blue Ocean Strategy) 既存市場から消費者ニーズを分析し、新しい価値観にもとづいた市場を構築。パイオニアとして優位性維持を目指す。 こんな発想があったか!新しい価値観の提案 最新トレンドを取り上げるニュース番組では、ブルーオーシャン戦略に成功した企業を多く見ることができる。例えば、「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」などを続々オープンしている俺の株式会社は、高級食材を用い、一流シェフが腕を振るう料理を安価に提供。ただし、飲食は立ち飲みスタイルの狭いスペースであることが多く、基本的に居抜きの店を利用している。 1000円カットの先駆けとして知られ...

記事を読む

NO IMAGE

同質化戦略 トップ企業が下位企業の商品の類似品を出して地位を守る

同質化戦略(Homogenizing Strategy) No.2以下の企業が出した新商品をリーダー企業が模倣し、差別性をつぶして自らの地位を防衛する経営戦略。 ブレンド茶にスポーツドリンク ヒット商品は模倣される ブレンド茶の十六茶と爽健美茶。スポーツドリンクのポカリスエットとアクエリアス。市場にはよく似た商品が存在する。これは飲料業界のみならず、その他の食品、家電、自動車といった分野でも同じことが言える。 十六茶はアサヒ飲料、ポカリスエットは大塚製薬が「元祖」。爽健美茶とアクエリアスはどちらも飲料業界最大手、コカ・コーラの商品であり、対抗品とも呼ばれたりするが、要は模倣品である...

記事を読む

NO IMAGE

プライスリーダーシップ戦略 業界トップ企業として、価格支配力を握り、市場をコントロール

プライスリーダーシップ戦略(Price Leadership Strategy) 最大手企業が業界の価格帯を決める影響力を持つことにより、有利なマーケティングを展開していく経営戦略。 アイスクリームも飲料もなぜか値段はほぼ同じ コンビニエンスストアにずらりと並ぶペットボトル飲料の値段は、ほぼ同じ。板チョコもカップラーメンも似たり寄ったりだ。別の企業の商品であるにもかかわらず、飛びぬけて高いものも安い物もない。私たちはこれを当然の事として気に留めないが、なぜこんな事が起きるのだろう。 これは業界1位の企業が、価格決定権を握り、プライスリーダーとして市場をコントロールしているために起こ...

記事を読む

1 2 3 4 5