「 2015年11月 」一覧

NO IMAGE

リーン・マネジメント 最小限の経営資源で最大限の顧客価値を生む

リーン・マネジメント(LeanManagement) 製品の生産工程を徹底して改善して効率化をおこない、より付加価値の高い商品・サービスを顧客に提供する手法のこと。 組織全体で無駄な工程を省いて高い生産性を目指す リーンとは英語で「贅肉がなく引き締まっている」状態という意味。製造業でいえば、無駄なプロセスを省いた、生産性が高い状態を意味する。リーン・マネジメントの源流は、無駄を徹底して省き、かんばん方式という名で知られたトヨタ生産方式。トヨタの競争力を研究した米国マサチューセッツ工科大学のジェームズ・P・ウォマックたちが、その方式を一般化して「リーン生産方式」と呼んだ。ただ、最近では、様...

記事を読む

NO IMAGE

サプライチェーン・マネジメント 取引先との連携も効率化してリードタイムを短縮

サプライチェーン・マネジメント (Supply Chain Management) 自社内や取引先との情報共有により、受発注、在庫、製造、輸送などの流れを効率化し、生産・販売全体を最適化する管理方法のこと。 サプライチェーン全体で業務効率を考える 店頭に並ぶ数々の商品には、様々な会社が関わっている。お菓子なら、サプライヤー(材料を作る会社)→メーカー(商品を製造する会社)→卸問屋→小売店。こうした消費者に商品が届くまでの流れをサプライチェーン(SC)という。 従来はこのSCを構成する各プレイヤーが独自に効率化を図っていた。だが1企業が行う努力には限界がある。例えば資材価格や為替の...

記事を読む