「 経営資源 」一覧

NO IMAGE

サステナビリティ経営 地球環境を持続させるために経営資源の使い方を変える

サステナビリティ経営(Sustainability Management) 地球の持続可能性を損なわない形で企業活動を実践することを経営戦略に盛り込み、実践するマネジメントのこと。 学術的、戦略的な取り組みが広がる サステナビリティとは、「持続可能性」。地球が持続し続け、社会が持続し続ける可能性のことだ。地球や社会が持続し続ける能力とも言える。サステナビリティ経営とは、地球や社会のこうした能力を損なわないように企業活動を推進しながら、収益を上げていく為の経営方針だ。 サステナビリティについては、北欧を中心に学際的な研究が進んでおり、地球物理学や熱力学、経済学や心理学と言ったあらゆる...

記事を読む

NO IMAGE

カンパニー制 事業分野ごとに経営資源を完結させて独立性を高める

カンパニー制(Company System) 事業分野ごとの組織(カンパニー)に高い独立性を与える社内統制制度。各カンパニーは採算性を確保し、市場淘汰に耐えることが求められる。 部門ごとの裁量を高めてフットワークを上げる 企業は市場の変化に柔軟に対応しながら、組織全体としてノウハウや収益力を高め、成長していく必要がある。迅速に意思決定を下せることや無駄をなくし採算性を高める強い意識、常に成長し続けようというマインドを現場に根付かせていくことは、組織が大きくなるほど、経営陣にとって重要な課題となる。 そこで、事業分野ごとに採算に責任を持つ形をとることで、全体として競争力をあげようとい...

記事を読む