NO IMAGE

ドミナント戦略 店舗を密集させることで、地域ナンバーワンの地位を築く

ドミナント戦略(Dominant Strategy) 特定地域に集中して出店する事により、競合店が入り込みにくい状況を作り出し、エリアの需要を独占する経営戦略 セブンイレブンはなぜ群れるのか 東京都内では、狭い範囲内にセブンイレブンが複数あることはめずらしくない。道路の向こう側に、50メートル先に、いくつも店舗を見かけると、「効率が悪いな、もっと離れた場所に出店すれば良いのに」と思うかもしれない。しかし、これはドミナント戦略という経営手法の一つ。スターバックスやベビー子供用品の西松屋も採用している。 ドミナント戦略の特徴は、店舗を密集させることにより、競合店に付け入る隙を与えない「...

記事を読む

NO IMAGE

オンデマンド販売 顧客の注文時に商品を用意し、すぐに販売する仕組み

オンデマンド販売(Sales on Demand) 顧客の注文に合わせて商品を作製したり、コンテンツを配信したりする販売方法。出版、映像、音楽などで浸透している。 1冊から製本・販売するオンデマンド出版 物を売る際、非常に難しいのは、需要にぴったり合わせて商品数を用意する事。作りすぎれば、それは費用の無駄遣いになってしまうし、少なければ売り損じ(機会損失)となってしまう。 ならば、注文があった時に初めて対応する仕組みを作ればいい。この発想で進化したのがオンデマンド販売という考え方だ。受注生産と言えなくもないが、一般消費者が日常的に買うような比較的低価格のアイテムでは、費用の面か...

記事を読む

NO IMAGE

ロングテール ニッチな商品を揃えることで細く長く儲ける

ロングテール(Long tail) ヒットしにくい少数販売の商品でも、その種類を豊富に揃えることで顧客数を増やし、全体の売上を伸ばすという商法。 膨大な品目数で「何でも揃う」店に 送料無料&クイックデリバリーなどでも消費者の支持を集めるamazonは、品揃えの豊富さが最大級のネットショップとして知られている。 amazonで商品検索をすると、身近な店では手に入らない商品まで見つかることが多い。特に規格外の部品や、古い書籍、コレクターズ商品などのマイナーな商品は、お店をまわるよりネット店舗の方が、ニーズにあったものが見つかる確率が高い。実は、amazonの売上のかなりの部分が...

記事を読む

NO IMAGE

eマーケットプレイス 距離と規模に関係なく誰でも取引に参加できる場

eマーケットプレイス(e-marketplace) 電子商取引市場のこと。インターネット上のwebサイトに開設された、売り手と買い手を結びつける取引の場のこと。 規模が小さい業者も買い手や売り手と出会える 商品を売りたい人と、買いたい人が集まる市場とは従来、具体的な住所と面積を意味していた。そこで売り手が出店するには、売り場を設定したり、商品を運ぶなど時間と費用をかけて、買い手の目にとどまるようにしなければならなかったし、買い手は市場まで出かけて商品を買い、持って帰るという手間が必要だった。 こうした双方のコストを一気に削減し、取引を効率化したのがインターネット上に電子的に開設され...

記事を読む

NO IMAGE

プロダクト・プレイスメント 映像コンテンツ内でさりげなく商品やロゴをPR

プロダクトプレイスメント(Product Placement) 映画、テレビ番組、ゲームなど注目度の高いコンテンツの中に製品やロゴを映し出すことで広告めいた印象を与えずに宣伝する方法。 映像コンテンツに乗せて製品をさりげなく映す 映画やドラマの主人公が靴紐を結び直すシーンでさりげなく靴がアップになり、「あ、○○のブランドだ」などと気づくことがある。仕事や勉強中の登場人物が特定の菓子や清涼飲料水にさりげなく手を伸ばすシーンを見かけて、「キャラクターの嗜好をそこまで細かく作りこんでいるとは」などと楽しく感じることもある。物語の印象と相まって、その商品やロゴに好印象を持つことも少なくない。最近...

記事を読む

NO IMAGE

SSL ネット売買で情報が漏れる不安を和らげる強固な暗号

SSL(えすえすえる、Secure Sockets Layer) ネット通信時にデータを暗号化して安全に通信する方法。SSLを選択すると、URLアドレスの頭部がhttps://に変化するのが特徴 鍵のようなシステムで情報を暗号化 ヤフーやアマゾンなど、ネットでの買い物が当たり前となった現在、eコマース(電子商取引)という言葉が日常的に使われるようになった。市場規模は着々と拡大。経済産業省によれば、2014年の電子商取引の市場規模は、個人顧客向け(B to C)で12.8兆円(前年比14.6%増)と激増している。 けれども、個人情報やクレジットカード情報を送信するだけで、何のチェック...

記事を読む

NO IMAGE

キーワード広告(検索連動型広告) ユーザーが検索した言葉に連動したリンク先を表示

キーワード広告(KeywordAdvertising) インターネット広告の一種。検索エンジンに入力したキーワードに関連するリンクを検索結果に表示する。リスティング広告ともいう。 ネットの情報収集は人力からロボットへ キーワード広告とは、検索サイトでユーザーが検索に使った言葉に連動して、検索結果に広告リンクが表示される仕組み。グーグルでは、クリック広告視聴、表示そのもの(インプレッション)、資料請求などの行動(コンバージョン)などに単価をつけて、広告主が支払い方法を選べるようになっている。 1990年代の半ばにインターネットが普及し始めた頃のポータルサイトは、サイトを人力でカテゴリ...

記事を読む

NO IMAGE

クラウドファンディング ネットで支援者を集める新しい資金調達方法

クラウドファウンディング(Crowdfunding) 資金調達法の一つで、ネットを介して、提案するサービスや趣旨・企業の理念に賛同した不特定多数の個人から資金を集めること。 世界中の人々の共感が支援金ににつながる ベンチャービジネスを起こす時、必要不可欠なのが資金。新しいアイデアやスキルをもっている人々が、ネットを使って世界中から資金を集めるシステムが、クラウドファウンディングだ。まずは、自分の実現したいプロジェクトを専用のウェブサイト上で公開、それに賛同・投資してくれる支援者が集まり、一定の金額まで達成できればプロジェクトは成立。手数料を覗いた支援金が手に入るという仕組みだ。 サ...

記事を読む

NO IMAGE

ゲーミフィケーション ゲーム要素を盛り込んでブランドの継続利用を促進

ゲーミフィケーション(Gamification) サービスを利用すると特別なアイテムが集まるなど、ゲーム性の高い継続的な仕掛けを作ること。ミッションや報酬などを盛り込むことが多い。 有料会員へ誘い込む巧なゲーム技術 ゲーム業界以外では難しいとされる有料会員制度。この月額利用料の収入が広告の売上収益より多いとされるクックパッドは、延べ月間利用者数5000万人というユーザーのレシピ掲載サイトだ。 成功の秘訣は、ゲーミフィケーションと呼ばれる経営手法。ゲームデザインの技術を駆使して、ユーザーのコレクション欲をくすぐったり、ミッションへの達成感を高めるような仕掛けを取り入れている。 ...

記事を読む

NO IMAGE

フラッシュ・マーケティング 顧客自体が広告塔となって情報を拡散

フラッシュマーケティング(Flash Marketing) 商品やサービスの割引クーポンを告知し、一定の購入希望者が集まった場合のみ販売する仕組み。規定人数が集まらなければ販売は見送られる。 「今買わなきゃ」という気持ちを扇動 少しでも安く商品やサービスを買いたいという思いに答えるのが、幅広い商品の割引をおこなっているクーポンサイト。グルーポンは、2008年にアメリカで始まった世界最大のクーポンサイト。一定の時間内に購買数が集まれば定価より安く購入できるクーポンを発行している。短い時間で売り切るという意味から、こうした仕組みをフラッシュマーケティングと呼ぶ。 グルーポンでは「24時...

記事を読む

1 2 3 4 5