NO IMAGE

川上統合 資材や部品の調達を自社で行い優位性を確保する

川上統合(Backward Vertical Integration) 自社の事業領域を上流工程に向かって拡大し、内製化を進めること。 製品の資材・部品も自社で押さえる バリューチェーンの一部を外部委託する手法に対して反対のモデルとなる垂直統合。垂直統合とは、バリューチェーンで自社の活動範囲を広げることを言う。 垂直統合には川上統合と川下統合がある。開発企画→生産→販売という流れのうち、自社の事業領域を基準にして、開発企画に近い方へ進出するのが川上統合。販売方向に進出するのが川下統合だ。 川上統合は川下統合より比較的採用しやすい戦略だ。川上の事業領域で生まれる製品は、自社の本...

記事を読む

NO IMAGE

水平分業 自社生産にこだわらず、得意分野に集中して効率アップ

水平分業(HorizontalSpecialization) 製品に拘るバリューチェーンのうち、特定の分野だけを自社の事業として、他の業務を外部委託する手法のこと。 自分の得意な業務活動に特化して強みを発揮 米国の経営学者マイケル・ポーターが提唱した概念にバリューチェーン(VC)がある。企業の活動を機能ごとに主活動と支援活動に分類し、企業の競争力の源泉を分析するためのモデルだ。ここでの主活動とは、 1.購買物流(資材調達など) 2.製造 3.出荷物流 4.マーケティングと販売 5.サービス(修理など) のこと。支援活動とは、人事・労務管理など主活動を支援する活動を指す...

記事を読む

NO IMAGE

OEM(アライアンス) 自社で製造した製品は部品を発注者のブランドで販売

OEM(OriginalEquipmentManufacturer) 【おーいーえむ】自社で生産した製品・部品、サービス機能などを相手先に提供し、それを相手先のブランド名で販売する手法のこと。 生産力と販売力を相互補完する垂直型 OEMの本質は強みのある機能を他社に提供して事業を広げていくことにある。そのタイプには二つあり、垂直分業(垂直型)で製品開発を行う企業と生産を行う企業が提携するパターンと、水平分業(水平型)で同じタイプの企業同士が提携するパターンがある。 垂直型の狙いは、ある分野ですぐれた技術があっても販売力がない企業と、販売力は高いけれども生産力が弱い企業が、相互補完を...

記事を読む

NO IMAGE

ファブレス化(グローバル化) 生産を外部委託することで業務の効率化を図る

ファブレス化(Fablessbusinessmodel) 自社では工場を持たずに商品・サービスのデザインや企画開発を行い、生産は外部の工場に委託する経営手法のこと。 生産のアウトソーシングで効率化を図る ファブレスとは英語でfab(fabirication facility:製造工場)がない(less)という意味。メーカーが生産を外部委託(アウトソーシング)するメリットは主に四つある。一つ目は、多額の投資が不要になること。工場建設や働き手の確保のためには資金が必要だ。でもファブレス化すれば資本力の小さい企業でも製品を商品化できる。 2つ目は撤退時の傷が浅いこと。企画の失敗や消費者の...

記事を読む

NO IMAGE

TOC(制約条件の理論) 全体の処理能力を成約する条件を改善し、生産能力の向上を狙う 

TOC(theTheoryofConstraints) 組織が目標を達成するための制約条件(ボトルネック)を集中的に管理改善することで全体の生産性を高める手法のこと。 兵隊の速度は一番遅い兵士のスピードで決まる TCOを提唱したのはイスラエルの物理学者エリヤフ・M・ゴールドラット博士。同氏が1984年に出版した「ザ・ゴール」は世界的なベストセラーにもなった。TOCの根底にある理念は「制約条件のある工程が存在する限り、他の工程をどんなに効率化させても、全体の工程の生産性は向上しない。制約条件のある工程を改善しないと、組織の目標を達成できない」という考えだ。 ここでいう制約条件とは、商...

記事を読む

NO IMAGE

リーン・マネジメント 最小限の経営資源で最大限の顧客価値を生む

リーン・マネジメント(LeanManagement) 製品の生産工程を徹底して改善して効率化をおこない、より付加価値の高い商品・サービスを顧客に提供する手法のこと。 組織全体で無駄な工程を省いて高い生産性を目指す リーンとは英語で「贅肉がなく引き締まっている」状態という意味。製造業でいえば、無駄なプロセスを省いた、生産性が高い状態を意味する。リーン・マネジメントの源流は、無駄を徹底して省き、かんばん方式という名で知られたトヨタ生産方式。トヨタの競争力を研究した米国マサチューセッツ工科大学のジェームズ・P・ウォマックたちが、その方式を一般化して「リーン生産方式」と呼んだ。ただ、最近では、様...

記事を読む

NO IMAGE

サプライチェーン・マネジメント 取引先との連携も効率化してリードタイムを短縮

サプライチェーン・マネジメント (Supply Chain Management) 自社内や取引先との情報共有により、受発注、在庫、製造、輸送などの流れを効率化し、生産・販売全体を最適化する管理方法のこと。 サプライチェーン全体で業務効率を考える 店頭に並ぶ数々の商品には、様々な会社が関わっている。お菓子なら、サプライヤー(材料を作る会社)→メーカー(商品を製造する会社)→卸問屋→小売店。こうした消費者に商品が届くまでの流れをサプライチェーン(SC)という。 従来はこのSCを構成する各プレイヤーが独自に効率化を図っていた。だが1企業が行う努力には限界がある。例えば資材価格や為替の...

記事を読む

1 2 3 4 5